2010年04月18日

けいおん!コミック 第3巻

□ストーリー

いよいよ3年生に進級した唯たち。修学旅行に、夏フェスに、キラキラな思い出を目いっぱい積み重ね中の一方で、軽音部の活動自体は相も変わらずのまったりモードでゆる~く進行中。皆さん、お茶が入りましたよ〜!?



けいおん! (3) (まんがタイムKRコミックス)

けいおん! (3) (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者: かきふらい
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2009/12/18
  • メディア: コミック



最も参考になったカスタマーレビュー

stars-5-0._V45731007_.gif けいおん!のスタイルが確立してきて,
2009/12/21  By @waka

1巻では作画にぶれが残っていますし、2巻ではあずにゃん初登場で
なかなかスタイルが定まっていない印象を受けましたが、
3巻はかきふらいのけいおん!スタイルが確定してきて、
独特のほのぼの感やキャラ萌がたくさんつまっています。

もちろん1,2巻も素晴らしい作品ですが、私は、この3巻が一番
おもしいと思います!軽音部の今後が気になるところです。

一応ですが、アニメ組はまず1,2巻から見ることを
強くお薦めします。
この手のアニメでありがちなのは、原作である漫画が
4コマやショートストーリーであるがゆえに
ギャップを感じてしまうことが多々あります。
しかしながら、漫画には漫画のよさもありますので
私はきっと漫画も楽しんでいただけると思います。
自分もアニメから漫画へという流れでしたが、違和感があったのは
最初だけで、慣れるとむしろ漫画の方が落ち着いたりします。


そのほかのレビュー・・・



posted by 恋 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けいおん!コミックス 第2巻

□ストーリー

進級のピンチ、廃部のピンチを乗り越え、晴れて2年生となった唯たち。あまりのゆとりっぷりに新入部員の梓がキレようが、軽音部のまったり進行は相変わらず。行くぞ恒例、海合宿! やるぞ、学祭ライブ!アニメ化決定の話題作! その第2巻が登場!?



けいおん! (2) (まんがタイムKRコミックス)

けいおん! (2) (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者: かきふらい
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2009/02/26
  • メディア: コミック



最も参考になったカスタマーレビュー

stars-5-0._V45731007_.gif いや感心,
2009/2/27 By クロタロウ (静岡)

2巻では作者も描き慣れてきたようで大幅に面白くなっています。
1巻は、自分はある程度ゆるい目で見てくれる人で無いとキツイかな?と思ってましたが
これなら誰にもお勧め出来そうです。アニメ化も納得の良い出来ですね。

2年生に上がった主役4人と入部してきた新キャラの中野梓さんを加えて2巻は動きます。
ゆるゆる空間な軽音部にちょっと衝撃受けちゃう梓さんですが、何となく馴染んじゃって
コミック全体を漂う気持ちよさを一緒になって発揮してますね。
ギターのミュートも知らなければチューニングも適当に済ませて良い音を出してしまう
唯さんに衝撃を受けたり、それぞれのパートはグダグダでも4人揃うと良い演奏してしまう
軽音部に馴染んでく様は梓さんだけでなく先輩4人の成長も見えて気持ちいいです。

2年目の学祭では唯さんが風邪でダウンして妹の優さんのハイポテンシャルなところが垣間見えます。なんとか切り抜けますが演奏自体はグタグタで演奏レベルが一定でないのは
リアルじゃん!とか感心しましたねぇ。

あと、梓さんのキャラが立ちすぎてキーボードの紬さんの目立たなさブリが際立ちますが、ギター修理の時や電話口での豹変さでお嬢様がチラッと出たりして忘れていませんね。どちらかと言うと顧問のさわこさんの扱いの方が・・


そのほかのレビュー・・・



posted by 恋 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けいおん! コミック。。

□ストーリー
メンバーは全員かわいい女の子!でもほぼ全員ボケ担当!全くの楽器初心者の唯が入部して、なんとか出発できた軽音楽部。とりあえず海合宿してみたり、あわてて顧問を探したり…。テレビでも人気の出てる、ゆるやか部活物語! いざ、4コマ演奏開演です!!



けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)

けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者: かきふらい
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2008/04/26
  • メディア: コミック



最も参考になったカスタマーレビュー

stars-4-0._V45729814_.gif4コママンガとしてはまとも路線だ,
2009/12/5 By 獅子神@ちょいもてオヤジ

 「けいおん!」はアニメから先に観たので逆に原作のコミックがどんなのか気になって購入。結論から言うと原作は極めてオーソドックスで4コママンガの王道を行く作品だと思う。そもそも4コママンガをアニメにするとほとんどオリジナルストーリーになるんじゃないかと思っていたのだがアニメの方もきちんと原作のストーリー展開を追ってはいたようだ。ついでに細かいギャグまでけっこう忠実に。(笑)

 原作の絵柄は正直言うと「ヘタウマ」狙いなのかと思うがプロとしてのレベルは保ってるのでは? 吾妻ひでお氏のブログがアニメのキャラを批判したってことでなんか炎上してたらしいがアニメと原作のキャラデザインが似てるようで似てないってのは昔からよくあることなのでいいんでない?(典型的な例はど根性ガエルか?) むしろアニメのキャラが可愛すぎたというのが実情かも。それでも原作コミックもわずか1年6ヶ月で18版も重ねてるんだから凄いもんだ。

 むしろともに買った4コマ雑誌も含めて読んでみて気になったのは「起承転結」を無視した点があるということ。これに限らずそんな作品が他にもあった。4コママンガって日常生活の中のさりげない可笑しい場面を切り取って思わず「クス!」と笑える「癒しの笑い」を提供するものだと思う。新聞に連載されてるような作品がその代表だろう。

 だが「けいおん!」を含めて同時に買った雑誌の4コママンガの中にはオチの無いものがある。これ、よく読むとその号に掲載されている数本で一つのストーリーを作っているパターンなのだ。だからそのストーリー展開の中でどうしてもオチの無い作品が出てくる。何もわざわざ4コママンガを組み合わせてストーリーマンガを作ることはないと思うのだがこれが今のトレンドか? だったら最初からストーリーマンガで描けばいいのに・・と思ってしまう。


そのほかのレビュー。。。



posted by 恋 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。